This is not my body.

Day43 Scotland
 -Edinburgh

skinというストリートダンスをメインとしたショー。

This is not my body. This is not my body. This is not my body. というサブタイトル。

ある一人の人間のgender transitionがテーマ。

自己の中で繰り返される男性と女性、こうあるべき、こうありたい、そうすべきでない、そうしたくない。

7名のダンサー。台詞はない。大道具もない。

そぎ落とされたシンプルな環境の中で、これほど表現できるのか。

特に印象的だったのは、執拗なまでの繰り返し。

葛藤を表現するのに、振付の繰り返しをとても効果的に使ってた。

振り切っても振り切っても振り切れない感情と戦う様子。見ているこちらが、もうやめて、と言いたくなるくらいの迫り具合。

もうやめて、と言わせるくらいの表現ができる彼らを見て、こうなりたいと思った。

伝えたいことがあって、それを強烈に伝えられるって、とっても強いことだと思った。

つづく…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。