Talk Session and Dance Performance 6/6

11月に2つのトーク&ダンスのイベントをさせていただきました。内容は違うのですが、どちらも、プチワークショップを行いました。

ひとつは、人の体を触る、というもの。私はヘルスケアトレーナーとして、人の体を日々触るし、ダンスでも人と接触しながら踊ったりするので、いつものことなんですが。

そんな仕事でもなければ、人の体にがっしり触ることなんてなかなか無いですよね(笑)なので、触る、ということをやってもらったのです。

触るとわかります。当たり前なんですが、まったく体って違う。この違いがあることを認識するのは、大事だと思っているのです。

自分の特徴って、自分だけ見てもわからないわけで、いろんな人を知るから自分のことがわかる。なので、人の体を借りて、自分の体を学ぶきっかけになることがあると思います。

それから、人に体重を預けるということもしてみました。相手を信頼してないと、自分で自分を支えようとしちゃうんですよね・・・頼っているようで頼れてない。ちょっと思い切って【頼ってみる】というのもの、たまにはいいものです。一人で立つことよりも、人に頼ることの方が、勇気がいることだったりするのです。(写真は後ろの人に体重を預けている、の図)

みんな良い笑顔!まだ体重の預け方は遠慮してる感あるけど(笑)

体に関するWSをさせていただく機会がたくさんあるのですが、難しいことではなくて、【子供】に戻って遊ぶような、そんなことの方が気づきが多かったりするのです。いつのまに大人になっちゃったんだか(笑)

だから、WSで難しい顔をすることは無いのです。こども!

つづく…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。