So you think you LOVE dance!

Day88 India
-New Delhi

Kingdom of Dreamsという劇場に、ミュージカルを見に行った。

インド版劇団四季的な?プロフェッショナルで、規模の大きな舞台らしい。

それが、とにかく面白かった。

あ、でも、クオリティはびっくりするくらい低かった。

総勢40名ほど出演していて、その多くはダンサーだ。

インド映画と同じく、突然全員舞台に出てきてド派手に踊って、そして捌けていき、何事もなかったかのようにお芝居が続いていく。

その演出はいいんだけど、踊りのクオリティはとにかくひどかった。

1発目のダンスから、センターはずれているし、

導線を間違えてダンサー同士ぶつかって、お互いてへぺろってしてるし、

手足の角度は揃ったためしがないし、

毎回リズムを早取りしちゃってる人いるし、

時々髪の毛を気にしたり汗を拭いたりしているし、

袖にはけ切る前から素に戻ってるし、

掛け声のあるダンスではある人は大声で、ある人はほとんど声出してないし。

・・・(おいおい)

言い出したらキリがない。

もうねー言い出したらキリがないです(笑)

でも、でも、私はこの旅で見たどんなショーより楽しんだ。

NYやLondonのトップレベルのミュージカルをいくつも見ることができたけれど、でも、でも、一番楽しかったのはこれだ。

なぜ楽しかったかというと、

ダンサーがとにかく楽しそうだったから。

プロフェッショナルとしてどうなのよって始めは思ったけれど、それを超えて、まあいいっか、とにかくこの人たち楽しいんだろうな~って、思うと、クオリティがどうのって

考えるのもアホらしくなって、これまで見た素晴らしい公演と同じ軸で見ることを早々にやめた。

あんだけ楽しそうに踊っている姿をみたら、こっちまで楽しくなるやないか~い!って。

だから、楽しいか、楽しくないかで言うと、最高に楽しかったのです。

察するに、掛け声を出す振付も、でかい声出したら楽しく踊れる人は出すし、声を出すよりクールに振舞うが楽しく踊れる人はそうするし、みたいな感じなのかな(笑)

(いや、実際のところどう指導されているかは定かでないけども)

OK、OK、とにかく、楽しもうぜ!

明るい場面でも悲しい場面でも、笑顔がはじけるダンサーたち。

OK、OK、踊ることが楽しいんだから笑顔になるのはしょうがないよ♪

彼らは、ダンスが好きだからダンサーとして働いているのであって、ダンスができるからダンサーになったわけではないのかも、って思ったくらい。

So You Think You Can Danceってオーディション番組あるけどさ。

So you think you LOVE danceな人には勝てないね(笑)

今後、ダンスで悩んだら、この舞台を思い出そう。

なんかよくわかんないけど、インドのダンサーたち、ありがとう!!

つづく…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。