Secret Life of Humans

Day36 Scotland
 -Edinburgh

今日も昨日と同じくホステルで仲良くなった女の子とショーを観覧。

TUTU:Dance in All Its Glory
男性によるコメディバレエ。アホになりきる強さ!完璧な美しさや高度なテクニックを売りにするのではなくて、コメディに仕立てることで、輝くダンサーもいる。書くダンサーのキャラが立っていて、良いチームだと思った。

Soweto Gospel Choir
力強い歌声と、DNAのままに踊る様子に圧倒された。特に人気だったのが、ビッグママ。片方のおっぱいが日本人のおしり3つ分くらいあるんじゃないかというビッグママ。声量とコミカルな動きで魅了していた。ショーの最後に、観客も含め全員でハレルヤを歌ったときは涙が出そうになった。

Secret Life of Humans
おじいさんが解明した人類の秘密を、孫が紐解いていくというおはなし。孫が紐解く場面で、おじいさんが解明する場面を重ねて、過去と現在を同時に見せていく場面が多々でてくる。その間、過去だけ、現在だけの場面も挟まれる。その切り替えをセットをうまく使って表現されていた。セット自体はシンプルだけれど、その効果的な演出がすばらしかった。

このショーの後、彼女と一緒に食事へ。

「人類は昔も今も何かを思い求めていて、ずっと満足していない。何を求めているんだろう。」

というこのショーが投げかけてきた壮大なテーマに対して私たちのディスカッションが始まった。良いショーは、ショーの後、観客に議論を始めさせるのだと思う。

彼女にとって大事なことは、「心と体の健康」と「バランス」だと言い切っていた。

物質的には満ち足りている世代。何を求めているか、それは、自分なりにバランスの取れた生活。バランスを探して人生を変えていっている。その過程で良いバランスになれる時期が来る。でも年を重ねるにしたがって、心地よいバランスが変わる。だからまたバランスを探して動く。その繰り返しをしていると。

バランス探しの時に、「自分なりの」がキーワードだ。たとえば、SNSを覗けば、友達や友達でない人でもとにかくステキっぽく見える写真が並んでいる。

けれど、自分は自分。どんなバランスがいいのか、自分が決めること。

素晴らしいショーに、人生の議論が巻き起こった、濃い夜でした。

つづく…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。