幸せな大人の夜~オリジナルカクテル~《ゲスト紹介vol.8》

「食」をそれぞれの角度から研究している親友の二人。田中陽次くんがこの日のために考案してくれた、オリジナルレシピのカクテルを、岡根谷実里ちゃんがその場でつくってご提供します。このカクテルができるまでの話を書きますね。

田中陽次さん
田中 陽次 Tanaka Yoji

福井県小浜市出身。インドにて不動産営業、その後、京都大学にて筋肉の学術研究。そして、クックパッド㈱にてwebマーケティングに従事するという見事に一貫性のないキャリアを経て、現在は、web/アプリのマーケティングを本業としながら、シェフとして、ケータリングや料理教室を中心に活動。日々の料理がもっと楽しくなるよう、わかりやすく解説した「家でもできる!なんちゃってプロレシピ」が料理教室で人気。意外な食材の組合せによるサプライズなおいしさをちりばめた食体験を日々研究している。

岡根谷実里さん
岡根谷 実里 Okaneya Misato

長野県長野市出身。大学を卒業後、クックパッド㈱に入社。その後、仕事の傍ら「台所探検家」として60カ国以上の台所を訪れ、世界中の人と一緒に料理をしている。「食」から見る各国の社会背景や文化、風土をおいしく楽しく伝えるべく、イベントや執筆活動を続けている。帰国するたび、訪問国についての「世界一おいしい社会科の時間」を日本各地で開催している。

ブログ https://medium.com/@misatookaneya

直近の「世界一おいしい社会科の時間」は12/5(水)「キューバの食卓とキューバジャズを掘れ!」Facebookイベントページこちら(私も世界一周で訪れたキューバ。久しぶりにどっぷりキューバな日を過ごしに、私も参加します!)

「幸せな大人の夜」をつくる

いよいよ今週金曜です。これまでを振り返ると、踊ることもたくさんしてきましたが、踊ること以外もたくさんしてきたな~と思うのです(笑)それもそのはずで、私がやろうとしているのは、ダンス公演ということ以前に「幸せな大人の夜」だから。何曜日の夜かっていうのも大事で、水曜夜なのか日曜夜なのかで、全然違うはず。今回は、幸せな「金曜」の夜をやろうと決めたのです。

ふだん、金曜の夜って何してますか? 同僚と居酒屋?デートでちょっと良いレストラン?一人で映画?まっすぐ帰ってNetflix?それとも…残業?

「たまには、こんな金曜も良くない?」ってお誘いする気持ちで、私の思う「幸せな大人の夜」を仕込んできました。キーワードは「はっとして、じーんとして、帰るころにはるんるんしている」です!

「踊りを見てもらう時間」はもちろんのこと、会場に向かう時から、そして終わってからも、幸せな夜であってほしいと願っています。

仕事をなんとか切り上げて、急いで電車に乗って表参道駅に着いて、根津美術館の方面へあの通りを歩いて・・・そして、公演が終わって、お花屋さんを出るのが9時半。南青山で、まだ9時半。もうちょっと金曜の夜を楽しんで帰ろうかな・・・とかね。

公演前後についてコントロールできるわけじゃないけれど、そういう夜だったら楽しいだろうな~と想像しながら、公演の場所や時間をひとつひとつ決めてきました。

食の探求者の、感性と愛情

ようやくカクテルの話になりますが、もし、会場がライブハウスだったら、会場の収入としてドリンク提供が必須だけれど、今回はお花屋さん。ドリンクを出すという条件なんて無いんです。それでも、お出しするのは、私の思う幸せな金曜の夜には、カクテルが必要だったから。しかも、市販のビールではダメで、どうしても陽次くんの感性を入れたかったのです。そして、食への愛情があふれる岡根谷ちゃんの手で作ってもらいたかったのです。快諾してくれた二人に感謝です。

カクテルレシピはここでは内緒にしますが・・・原作アニメ/絵本「きりのなかのはりねずみ」で、はりねずみがこぐまに持っていく「のいちごのはちみつに」がモチーフです。このモチーフと、「はっとして、じーんとして、帰るころにはるんるんしている」というコンセプトを、食を通して表現してくれました。五感で楽しむカクテルになっていますよ!お楽しみに!

 

「今夜、霧の中を」幸せな大人の夜

11/30(金)19:30開場 20:00開演

※カクテルはその場でつくってご提供しますので【19時50分】までにご入場ください。開演直前にお越しになった場合は、開演前のご提供を控えさせていただきます。ご協力お願いいたします。
※ノンアルコールカクテルもご用意しております。

南青山Spoonbill(表参道駅徒歩7分、根津美術館向かい)

総合プロデュース/振付/ダンサー Chihiro Nakajo

朗読家 辻愛美

ダンサー asamicro