藤井絵理香さん《ゲスト紹介 vol.7》

絵理香ちゃんとの出会いは、スコットランド エディンバラ!昨年、世界一周14カ国を旅する途中、8月のEdinburgh Festival Fringeに出ていたのですが、太鼓衆一気のチラシを配っていた彼女に、声をかけたのでした。旅中、久しぶりに出会った日本人が、こんなステキな人だなんて!今回は対談形式ではなく、昨年の出会いから、私が彼女から受けた刺激を振り返りながら書いてみます。

藤井絵理香さん
藤井 絵理香 Fujii Erika

太鼓衆一気メンバーとして国内外での公演の他、ソロでは舞台やライブハウス、バー、企業イベント、介護施設など場所環境を問わず演奏活動を行う。舞台「A Moment」ではダンサーとコラボ、エンタメ新喜劇では和太鼓奏者としてキャスト出演など他方面のアーティストと共演している。2018年4月、アメリカにてソロアーティストとして招待演奏。

また、池袋New International Schoolでは太鼓クラブの顧問を務め子どもたちに太鼓指導を行っており、その他独自に外国人向けワークショップやレッスンも展開している。

公式HPこちら(関西弁でつづられるブログは読むと元気がでます!チェックしてみて!)

理想のパフォーマンス

なぜバレエから和太鼓に?彼女の転身については、世界一周中のこの記事をチェックしてもらうとして・・・。ロシアで出会ったバレエの先生から教わったことが宝物であり、それを根っことして、和太鼓を演奏しているという。バレエと和太鼓って一見全く違うもののように思えるけれど、ジャンルを超えて、もうひとつ深いところで、彼女独自のパフォーマンスの理想像がある。和太鼓奏者にも様々なスタイルがあるけれど、彼女の理想を体現している奏者にはまだ出会ったことがなく、これから自分で道を探していくと言っていた。

先生や先輩から教わっていく段階は、道しるべがあるから突き進みやすい。けれど、ある段階を超えてからは、自分で模索していくしかない。その先には、その人だからこそのパフォーマンスが練り上がっているはずと信じて。

全力の宙ぶらりん

私にとって、昨年は模索が始まった年だったと思う。踊りが自分の軸であることは分かっていたけれど、方向性が定まらず、一度、思いっきり広げる時期をつくろうと思って各国を巡ることにしたのだった。エディンバラで彼女に出会った時も、ストリートパフォーマンスをしながら、模索の日々。世界一周というと、カッコよく聞こえるけれど、実際は「全力の宙ぶらりん」真っ最中だった、と出会ったころを振り返りながら話をすると「全力の宙ぶらりんって良い言葉!だって全力なんだから。全力で将来に向けて投資してたわけだから」と大きく頷きながら、前向きに、妙に納得した表情で言ってくれた。

彼女は、12/7に行われる東京公演を最後に太鼓衆一気を卒業する。アーティストとして次のステージ。それがどんなものになるのか、わからない。一見、空白に思える時期も出てくるのかもしれない。でもすべてが糧になっているはず。全力で目の前のことに取り組む時期も、全力で宙ぶらりんをする時期も、どちらも大切だと思う。

今年の7月には彼女との共同制作の第一歩があったのだが(記事こちら)、彼女とは次の創作もできたらと思うのです。なんとなーーーく、それは来年というよりもう少し先で、日本ではなく海外でやっている気がする(笑)ま、そんな先のことなんてわからないけれど、タイミングがくることを心の片隅で期待しながら、大切に温めながら、私は私で踊りを進めていきたいと思います。

美しい音楽

太鼓衆一気のメンバーとしてはラストとなる公演が12/7に。夏にプレ公演を見に行ったのですが、「音の森」というタイトルのとおり、太陽、雨、風・・・四季の変化に包まれていく・・・。和太鼓ならではの迫力はもちろんですが、それより美しさが印象的でした。和太鼓には、お祭りのように鼓舞する音というイメージしかなかったけれど、太鼓衆一気を聞いて、音楽なんだ!!!と気づきました。楽しみ!よかったら見に行ってください。私はもう予約しました! 

音の森 東京公演 12/7(金)@ムーブ町屋 開場18:30 開演19:00  詳細はこちら。ご予約は fujii@wataiko-ikki.com まで。 

***************

さて、11/30まであと1週間ほど…お越しくださる皆様、実はこれが楽しみ♪っていうことは何ですか? 匿名アンケートをしてみようと思います。これまで答えてくれた方の回答リストも見れますよ。みんなの、そこ楽しみなん?!が見れておもしろい! こちらから1分でチェック!

***************

「今夜、霧の中を」幸せな大人の夜

★★満席★★

11/23時点、満席です。もしキャンセルがありましたら、優先的にご案内いたしますので、キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご連絡ください。メール chabinosuke@gmail.com

11/30(金)19:30開場 20:00開演

南青山Spoonbill(表参道駅徒歩7分、根津美術館向かい)

総合プロデュース/振付/ダンサー Chihiro Nakajo

朗読家 辻愛美

ダンサー asamicro