絵本作家ききめいこさん《ゲスト紹介vol.1》

リクエストリレーで、ご縁がつながった絵本作家のききめいこさん。

「今夜、霧の中を」の原作となるアニメ/絵本「きりのなかのはりねずみ」をお題としてご紹介いただいた方です。

初めてお会いしたのは今年の5月。そして、公演は11/30なので、約半年の時間をいただいて、リクエストにお応えすることになったのです。

リクエストリレーとは

Chihiro Nakajoに、好きな曲/絵/詩などをリクエストし、Chihiroがそれを題材にダンス作品にする。その作品が気に入れば、自分の大切な人に、リクエスト権を渡すというリレー。その作品は、生で見てもらえる場を設けることもあれば、映像作品としてネット上で公開することもある。もともとは、表現の幅を広げるべく、自分の好みと関係ないテーマで踊るという練習の一貫としてのプロジェクトだったが、リクエスト内容が、予想以上に重厚なため、長編作品として、公演にすることもある。今回の「今夜、霧の中を」がまさにそれ。

ききめいこさん
絵本作家 ききめいこ

神奈川県生まれ。武蔵野美術学園(絵本コース)、パレットクラブスクール(絵本コース)20期卒。社会人になるまで絵や美術と縁のない人生を歩む。出版社で編集記者として働くも、絵本作家の夢を諦めきれず退職して美術学校へ入学。絵本制作を開始。東京や徳島、神奈川などで展示をしながら、会社員の傍ら、見た人の“肩の力がふっと抜けるような”温かい作品をテーマに制作しています。(使用画材:アクリル、クレパス、色えんぴつ、パステル、コピック)連絡先 kiki.meiko3@gmail.com

 

リクエストリレーでこの本を選んだ理由は?

美術学校在学中、友人に教えてもらって、ずっと心に残ってた絵本。リクエストリレー権をもらったとき、ダンサーさんだから音楽をリクエストしようかと思ったのですが、音楽では思い浮かばなくて。Chihiroさんから、音楽じゃなくても、詩や絵など何でもトライされると聞き、自分にとって思い入れが強いものとして、やはり絵本にしました。

この絵本の好きなところは?

はりねずみが森の中で迷子になったときの孤独さ、闇の中での寂しさや怖さ。そのあと、友達(こぐまくん)に会えた時の心にひろがる温かさなど、言葉だけでは表現できない思いが絵本にギュッと詰まっていると思います。夜にしっとりと開きたくなる絵本ですよ。

360°シアター「今夜、霧の中を」へメッセージ

会場が木と花のギャラリーということで、ほんとに森の中ような空間ですよね。建物全体をつかってのダンスと朗読…どんな舞台か全く想像がつかないから、とっても楽しみです。リクエストリレーで次のリクエスト権を渡す友人も一緒に見にいきますね。

Chihiro Nakajoより11/30に向けて

ききめいこさん、ステキなリクエストと、そしてフライヤーのメイン画(本記事のトップ画)を描いていただき、ありがとうございました。原作からさらに、ききめいこさんの優しさや温かさが加わったオリジナルの絵になっていて、とっても気に入っています。

絵本ももちろんですし、原作となった約10分の短編アニメはこちらからYoutubeでご覧いただけますので、ぜひチェックしてください。

 

チケット残りわずか!予約受付中です。Book Now!
360°シアター「今夜、霧の中を」幸せな大人の夜

11/30(金)19:30開場 20:00開演

南青山Spoonbill(表参道駅徒歩7分、根津美術館向かい)

企画/振付/ダンサー Chihiro Nakajo

朗読家 辻愛美

ダンサー asamicro