Roppongi Dance Lab.主宰 林勝明さん《ゲスト紹介vol.2後編》

カツさんに、会場となる花屋 南青山Spoonbillにお越しいただき、360°シアター本作と今後の夢「街中がパフォーミングアーツで楽しくなる世界」について語り合った前編に続いて、夢を現実にするべく語ったこの後編。11/30華金の夜、公演にお越しくださる皆様、この記事にワクワクしたら、当日会場でカツさんに話しかけてみてくださいね!

 

林勝明さん
スタジオ Roppongi Dance Lab.主宰 林勝明

アメリカ留学中に友達が出来なさすぎて仕方なくダンスを始める。そんなことでサルサダンスを続けて10年。趣味が高じて、IT企業で働きながら六本木でダンススタジオを開き、ダンスだけでなく、食、TECH、アートなど入り混じったイベントを述べ100回以上開催。さらに趣味が高じて、今年、アート / エンタテイメントの分野で起業し、奮闘中!

フラメンコ界から考える偶然の出会いの作り方

カツさん:街中でパフォーマンスに出会えるという楽しい世界を実現するために、舞台となるお店/施設と、企画者/演者をつなぐプラットフォームを制作することから始めてます。わざわざチケットを予約しなくても、飲みにいった店でパフォーマンスタイムがあって、たまたまダンスを見て興味を持ちだしたとか、そういう偶然の出会いがすそ野を広げるのに重要だと思うんです。

Chihiro:そうですね。舞台を見ようと思っても、どれが好みかわからないし、映画みたいに当たりはずれを許容してふらっと入るほどカジュアルと思われていないから、行けずじまいな方って多いんじゃないかと思います。

カ:フラメンコってスペイン料理屋さんでよくやってますけど、他のダンスジャンルでは実現できてないですよね。フラメンコ界の方々が長年、飲食業界とのコラボ関係を築いてきたから、今では文化といえるくらい浸透してます。フラメンコダンサーは、レッスンプロではなく、パフォーマンスで食べていける人が、他のジャンルのダンサーより多いと聞いたことがあります。もし、バルに行ったとき、今の時間パフォーマンスチャージ1人500円ですけどいいですか?と聞かれたらOKって言う人がほとんどかと。飲み物1杯程度の値段ですし。パフォーマンス目的で来たわけでない方々に、偶然ダンスに出会ってもらえるチャンスですよね。

C:お客さんに楽しんでもらえるのはお店にとって良いし、ダンサー側も場があって収入があってさらにレベルも上がるという良い循環ですね。

パフォーミングアーツ×〇〇〇の可能性

C:例えば、アパレル店だったら、その店のコンセプトに合わせた小作品を、そのブランドの衣装で、その店をまるごと舞台にしてやる、みたいなことも考えられますね。

カ:いろんな場がパフォーミングアーツの活躍の場になると思いますね。Chihiroさんはいつも意外な組合せで面白いことをやってますね。以前、工場とダンスってやってましたよね?

C:製造業企業の採用のためのPVを作ったんです。まじめにつくった採用動画って、社員のインタビューや工場設備の羅列で、盛り上がらないし長い動画が多い…(笑)だから2分間という短時間で、工場や設備の規模間と社員の元気が伝わるPVにしたんです。

カ:良いですね。飲食やアパレルといったお店、工場やオフィスといった働く場、それから病院などの施設ももっと面白くできると思うんです。僕がWe Workのオープンスペースで開いているダンス関連イベントも、働く場での偶然の出会いをつくるトライとしてやってます。

C:先日のWe Workでのイベント、カツさんらしいオープンな楽しさでとっても好きでした!

カ:最近、街中のあらゆる空間が面白いことを仕掛ける対象に見えてしょうがないです(笑)

C:わかります!!街中、おもしろい舞台に見えてきて想像がどんどん膨らみます…(笑)私の最初のトライとして、公演、がんばりますね~!

カ:楽しみにしてます!

***************

ということで、前編につづき、林勝明さんとワクワクする夢を南青山Spoonbillよりお届けしました。一緒にワクワクしてきた方は当日会場でお会いしましょう!

***************

11/30(金)360°シアター、チケット残りわずか!予約受付中です。Book Now!

「今夜、霧の中を」幸せな大人の夜

11/30(金)19:30開場 20:00開演

南青山Spoonbill(表参道駅徒歩7分、根津美術館向かい)

総合プロデュース/振付/ダンサー Chihiro Nakajo

朗読家 辻愛美

ダンサー asamicro