Routes of Santiago de Compostela

Day64 Spain
 -Villafranca del Biezo
急に行先がマニアックになってますが、ロードトリップの良いところ。ステキっぽい街に気ままに立ち寄りながら、Bilbaoを目指して北上中。
Routes of Santiago de Compostelaというのを聞いたことがあるだろうか。フランスからスペインへと続く約800kmの巡礼路だ。この街は巡礼路の通過地点となっている。
飛行機でぶっ飛ばしてきた私の旅。
それをスローダウンさせてくれた数日間のロードトリップ。
その横で、自分の足で歩いていく巡礼者たち。
何を思って、800kmも歩こうと思うんだろう…なんて思いながら眺めていたけれど、人からみたら、私だって何を思って、こんな旅をしているんだろうと思われてるのかも(笑)
そういえば、この旅の間に、定番中の定番だけど、「深夜特急」を読んだ。
ユーラシア大陸を路線バスだけで回ったお話しだ。
この本に出てくるある文章。
***
ほんのちょっぴり本音を吐けば、人のためにもならず、学問の進歩に役立つわけでもなく、真実をきわめることもなく、記録を作るためのものでもなく、血湧き肉躍る冒険活劇でもなく、まるで何の意味もなく、誰にでも可能で、しかし、およそ酔狂な奴でなくてはしそうにないことを、やりたかったのだ。もしかしたら、私は「真剣に酔狂なことをする」という甚だしい矛盾を犯したかったのかもしれない。
***
表現と体づくりを学ぶ、という目的なら、3ヵ月間、ニューヨークだけでよくない?
みたいな考え方もあるかもしれない。
けれど、わざわざ世界一周にしたのは、酔狂とまで言わなくても、
まあ、、、酔狂なことなんですかね(笑)
遠回りな気がするし、不確定だけれど、だからこそ何かが起こるような。
そんな時間の使い方って、なかなかしないから。
そんなことをしてみてもいいんじゃないかな、と思って。
とっても贅沢な時間の使い方だと思う。そう、贅沢しています、今。
実際、このブログを読んでもらってわかるとおり、表現と体づくりドンピシャでない日が多かった地域だってあるわけで。
でも、いろんな場所に行って良かったと思う。
そこでいろんな人に出会えたから。
ブログのタグが「Lifestyle」多めになっているのは、
贅沢な時間の使い方をしたおかげかな。
とか思いながら、徒歩の巡礼者を横目に車で空港を目指しています。
つづく…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。