Mum

Day49 London

前職の先輩であり、大学の先輩でもある女性のお宅に2日間お世話になる。旦那さんのロンドン赴任により、2か月前からロンドンへ。旦那さんと2歳になる息子さんには初めてお会いする。そして、お母さんな先輩に会うのも初めて。

産休・育休が開け、さあ復職するぞ!と会社とも今後について話を進め、仕事への情熱が沸いていたところへ、旦那さんの海外転勤が決まり、復職することなく、ロンドンへ移ることになったという。

環境の変化も、そして、心の変化も、劇的なのに、やっぱり日常は続いていくから、その日常を全力で過ごすだけのことなんだなと、感じた。

それを当たり前に感じさせる先輩は強いなーと思った。

子供が生まれたら、人は変わる、なんて聞くこともあるけど、なんか変化したことってありますか?って聞いてみた。

そしたら、そんなにないかなーって返してくれた。

たとえば、仕事が好き、という気持ちとか。
先輩が仕事の話をするとき、とっても生き生きしている。

仕事をしていると常に何か問題が降りかかって、それを解決するために常に試行錯誤して動いている、良い意味でのプレッシャー、案件がうまく行ったときに出るアドレナリン!

お子さんが大きくなるにつれ、仕事でしか味わえないこの感覚がまた恋しくなっているという。

何かを好きという気持ちは、そうそう変わらないんだなと気づいて、なぜか私はほっとした。

劇的なのに、淡々と。
変わることの中で、変わらないなにか。

それらを同時に感じた。

つづく…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。