Harmony

Day79 Germany
-Leipzig

Contemporary Danceのレッスンを受けていて、びっくりして、そして腑に落ちたことがある。

レッスンで振付を渡され、それを皆で踊る。

その振付に、一応テンポはあるけれど、かっちり決まったテンポでは無い。

でも、みんなで揃えて踊る。いや、「揃えて」という言葉は違うかも。
実際かっちり揃えることが目的でもないし。

みんなが「調和」を感じて踊る、という言葉がしっくりくるかな。

音楽ではなくて、お互いがお互いを感じ、察しながら踊るというわけだ。

察していても、どうしても多少のずれは生じる。

そこで、どの先生も、振付の中にミーティングポイントを作った。

振付の中で、ここまで来たら、ちょっと早かった人は遅い人を待つ。

そして、遅い人がそこに到達したら、次の振付をみんなで一斉にスタートするのだ。

なるほど!!!!!

ストリートダンスのショーケースでその考え方は無い。

まず音楽があって、その音楽を表現するために踊る。

だから、音楽がいつも正だ。音楽に合わせて踊る。

遅れた人を待つなんてことはない。

周りの人に合わせようなんて思うんじゃなくて、全員が音楽に合わせていれば、自然と揃うもんだ。

Contemporaryという、音楽ありきでないところから踊って、どう調和していくか。

そういう考え方があるのか!!!!

先生から早く踊って待っている人も、踊りの「流れ」「気」を絶やさないように言われた。

止まって待っていても、確かにそれが絶えず、踊りとして生きたままだと、待つという行為も含めて踊りになっているように見えた。

そして、早く踊ろうとしないで!早技をキメることが良いことというわけでないから。自分がむやみにスピードを上げることで、隣の人が心地よく踊ることができないことがあるから、とも言われた。

誰かと踊るって、そういうことなのね!!!!

音楽を頼りにしてきた今までの私にとっては、ものすごく新鮮で、そして腑に落ちる話でした。

つづく…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。