Do what you wanna do‼

Day19 NY
 -Manhattan

90分×3レッスン。
Commercial JazzとContemporary Jazz2つ。

Commercial Jazzというジャンルは普段やっていなかったのだが(特に前記事のように考えが変化してきていて)…NYなので、やってみようと。

(動画禁止のスタジオなのでお見せできないのが残念だけれど、先生のオフィシャルビデオを冒頭に。)

40人くらいだろうか、教室に生徒がぎっしり。
まず、クラスの初めに言われたこと。

「NYで、ここで学べるということが本当に幸せなこと。来たくてもこれない人がたくさんいる。だから、ここに来るまでにあった嫌なことは全部忘れて。彼氏に振られたとか、ネイルが欠けたとか?笑 そんなこと関係ない!この貴重な時間を全力でやりきりなさい!自分の思うようにやりなさい!」

「Yeeeees!」と答える生徒。

「声が小さい!」と先生。

「Yeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeees!」

「始めるよ!!!!!!!」

そして腹に響く音がかかってハイテンションなウォームアップがスタート。

スタジオに入って、汗のにおいが残る冷たい床に寝転んで柔軟をする。スイッチが入る。入ったと思っていた。でも先生の言葉で、実は半押しだったかもしれないスイッチが完全にONになる。

取って食われるんじゃないかというくらいの先生のエネルギーに、こちらも全力でぶつかる。

お稽古じゃない。熱狂のステージ。
熱狂した体は面白いように動く。そんな体が40人集まったスタジオは外から見たら燃えていたと思う。

燃えるスタジオにいられたことに感謝!

つづく…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。