Dance Culture

Day76 Germany
-Berlin

昨日から恋心が炸裂し、今朝もひとしきりCouchsurfer宅で踊ってから、その先生のレッスンへ。

練習したことがうまく今日出ている。昨日より掴める。

けれど、少しわかるようになると、さらにわかる先生の美しさ。

どうやったら先生の動きに近づくのか。

わかった部分もあって、その部分はあと体が覚えるだけ。

でもある一定以上のところで、それ以上どうやったらいいのかまだ見えない。

いや、まだ始めたばっかりだから見えないんだろうけど。

昨日今日の自分の違いは結構あるので、必ず到達できると信じたい。

人間って恋したときのエネルギーすごいな(笑)今にも走り出しそうなくらい、空も飛べるくらい、世界の中心でなにがしか叫びそうなくらいの気持ちだ。

なんてこった。

Berlinに来て思うのは、ダンスのショーのポスターを町中でたくさん目にするということ。

日本では正直見たことないぞ…ミュージカルや芸能人の出るお芝居ならあるかもしれないけれど、ダンスだけのショーの広告って見かけない。

この文化の差よ。

Berlinでは毎晩どこかで大小さまざまなショーが行われている。そして、ダンスを自らどっぷりやってないであろう方々も見に来ている。

ダンスだけのショーというと、日本では、だいたいダンスをどっぷりやっている人が見に来ている。だからダンスってダンスの世界に閉じている部分がある。

美術館に行くように、ジャズバーにいくように、ダンスを見る文化がすでにある。

日本はまだまだ発展途上なんだとよくわかる。

Berlinは学びたいことがごろごろ転がっている街だった。

(写真はJewish Museum)

つづく…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。