Colorful Studio

前記事で書いたNPOでの活動だが、ざっくり言うと、スタジオとセミナールームを好きに使って事業を作ってね!(NPO全体のコンセプトに沿う形で)ってことだ。

はからずも、自分のスタジオを持った、みたいなことになった。

それは、私一人がいちダンサーとして活動するのではなくて、多くの人の力を借りて、文化を作っていくということだ。

ドイツで出会った日本人ダンサーと話したこと(前編後編)や、NYのCouchsurferと話したこと(以前の記事)をここAmbista Houseを拠点にやっていけると思った。

ダンスなど様々なパフォーミングアーツを見に来る人を増えること。それを自分でやったことがなくても、たとえば映画館を見に行くように、美術館に行くように、老若男女見に行くような文化。

そして、見た人は、他人の評価ではなく、自分の「好き」を素直に出せばいいし、それで、それぞれの表現が、それぞれの「好き」に支えられる文化。

そんな文化が、このスタジオを拠点に、もわっと出てくるようにしたい。

日常のすべてが表現で、だれもが表現者であることに気づく場所。

そして、その表現を楽しむきっかけがたくさんある場所。

自分が好きと思うことを素直に出せる場所。

実験的な創作が日々行われ、それが日々発表されて、人の目に触れる場所。

様々な価値観に出会える場所。

特定のジャンルでもなく、特定のレベルでもなく、様々な人が混ぜこぜな場所。

・・・言ってみればカオスですね。

そんなことがやりたくて、この人は!という方に助けを求めて、一緒に盛り上げてもらっている。

不思議と、ご縁が繋がるもんで。

スタジオにどんどん色が足されていく。

カラフルに。カラフルに。

つづく…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。