【テレビCM①】ロゴダンス制作秘話

栄光工業様で「踊るものづくり」第2弾のテレビCMをつくりました。

今回は、会社のロゴマーク事業内容をイメージした「ロゴダンス」の振付と、出演も。

※ロゴダンスは私の造語です(^^)

CMに加えて、ロゴダンスの3分間解説動画もつくりましたのでぜひご覧ください。

 

さて、ロゴダンス制作秘話を。

 

ロゴダンスは見ての通り、指先のダンスなんですね。指ダンスは「フィンガータット」と呼ばれるジャンルで、YoutubeやTik Tokなどで調べたら、おまえ指どないなってんねーん!と思わずエセ関西弁でツッコミたくなるような、すんごい動きがいっぱい出てきます。よかったら調べてみてください。

 

 

で、この指ダンスなんですが、私にとっては、妊娠中…とくにお腹が大きくて重たくて仕方ない妊娠後期の思い出なんです。

大きなお腹で踊れない間どうしよっかな~と思い、指ならいくら動かしてもよかろう!ということで、フィンガータットにトライしていたというわけです。

 

 

それともうひとつ、指に興味を持った理由がありまして。妊娠中に養老孟司先生の「死の壁」という本を読んでいて「死体で一番怖いのは手」という話があったんです。顔の表情よりも、手が一番人間くさいパーツで、指というのは本当に表情豊かだから、と。

いや「死の壁」って、おまえ妊娠中に何読んでんねーん!と思わず再びエセ関西弁でツッコミたくなるような話ですが、そういうわけで、指をやたら動かす妊婦生活を送っておりました。

そして出産後、このCMをつくる仕事をいただいて、できたのが「ロゴダンス」なのでした。

 

 

何が創作のヒントになるかわかりませんね。

社員さんとのロゴダンスの撮影についてはまた次の記事で。