初演の振返り(記憶が無い)

11/30(金)360°シアターの初演、ずっと振返りのブログを書こうと思いながら、日が経ってしまいました。

まず、お越しくださった皆様、応援くださった皆様、本当に、ありがとうございました。

2/22(金)23(土)に再演を決めました。ただ、これは再演ではなくて、新作ってくらい作り変えることになります。モチーフである絵本/アニメ「きりのなかのはりねずみ」は同じ、建物まるごと一棟舞台化するその場所も南青山のお花屋さんで同じ。でも、キャストが一人変わるからです。朗読家 辻愛美さんは続投ですが、ダンサーがナカノタカシさん(たーさんって呼んでます)というお兄さんに変わります

このキャストで絵本の読解から再スタート。あのですね・・・もしかしたら、

コメディになるかもしれません。

なんてこった。。。初演のお客様がもし来てくださったら、その変わりっぷりにビックリすると思います。初演と次と、どちらが上か下かじゃなく、それぞれ、かけがえのない作品にしていきたいと思います。

一昨日、Ver.2(再演じゃなくてVer.2って呼びますね)のキックオフをしました。たーさんは、初演にお客様として来てくださっていたので、お客様目線での感想や改善点をお聞きしました。

で、気づいたんです。この1か月なぜ振返りがうまく言葉にできなかったか。。。

ちなみに、公演後のこの1か月で、ありがたいことに、多くのお客様に改めてお時間頂き、意見を伺うことができました。それらは、すべてメモに残して、次回に活かすリストにはなっているんです。でも、どうしても「自分の言葉」にはならないままでした。

なんでだ・・・?

・・・気づきました。

私には本番の記憶が・・・無い!

無いから、いくら意見をお聞きしても「そんなことが起こったんですね」って感じで・・・。まるで、麻酔かられて手術された後に、手術中のことをお医者さんから聞かされる、みたいな(笑)

だからといって、振返りも疎かに次に進めない。で、本番ではなくて創作過程に目を向けてみると、振り返ることが、たーーーーっくさん。本番は大事だけど、結局、創作過程がそのまま本番になるわけだから、創作過程を振返ろうと。それも、ひとりで振り返るんじゃなくて、Ver.2を共にするお二人と、ディスカッションしながら振返りながら創作していく感じで。そしたら、やっと自分の言葉になってきました。

「創作は恋」って以前ブログに書きましたが、創作中は恋テンションなので走り切れるんですが、今、いろんなメモなんかを見返すと、だいぶ苦しんでたんだなーと思います(笑)でも、嫌々苦しんでるんじゃなくて、自分で望んで、その望み通りに苦しんでいるように見えます。何に悩んで、どう解決してきたか(持ち越したか)は次回以降のブログで拾っていくとして・・・

初演をまとめると、

・トライしたいことは、すべてトライした。
・トライの結果うまくできたものも、できなかったものもある。
・だから満足はしてない。
・けれど納得はしている。

です!!

だから、次、挑戦するのよ!!
待ってろよ~!!
まだ見ぬVer.2!!

===限定20名 予約受付中===

2/22金、23土 夜
建物まるごと舞台化360°シアター
「今夜、霧の中を」

================