仲間とともに

銀座の画廊で出会ったエピソードその2。

3名の女性のグループ展。70代後半~80歳前半の方々。

画廊に入るなり

「あなたステキね。服も帽子も似合ってるわ。絵をやってらっしゃるの?」

「踊りをしているんです」

「まぁ!!ちょっと、あなた呑んでいきなさい」

?!?!?!

入って1分で、焼酎を注がれた。グループ展初日で打上げ(?)が始まろうとしていたところへ私が来てしまったらしい。いやいや、スナックじゃないんだから!笑

画家さん3名と、男性の先生1人、ご友人の女性1人に私。

初めましてでこんなに楽しい時間をプレゼントされるなんて、さっきの画家さんといい(前記事)、ここといい、ポジティブな熱源に私は自然と吸い寄せられるらしい!笑

ここでも、忘れたくないことがあったから書き残しておこう。いっぱいあったけど、3つだけ。

 

ひとつめは、3人とも全く違うスタイルで、そしてそれぞれ、その人そのまんまの絵だったこと。お名前を聞く前から飲み始めちゃったけれど、少し皆さんとしゃべると、どの人がどの絵を描いたか、すぐわかったのだ。聞いてみると、ちゃんと当たっていた。

たとえば、一人の方は、毒舌でムードメーカー。だけど、何を言っても、決して悪口にはならない。毒舌はすべてユーモアになるから、もう笑いっぱなし。彼女の絵は、淡い色で、楽器や音符がモチーフになっていて、夢の国みたい。どんなに毒舌を言っても、それは愛情たっぷりで、かわいい世界を持っている人だから、そうなるんだろうな~と思ったり。

 

ふたつめは、「旦那さんに感謝しなきゃよね~」と皆さんおっしゃっていたこと。

「私の絵は、もうすぐ高値が付くって、旦那を騙してかれこれ20年続けてるのよ。ははは。最近はそれでは騙せないから、死んだ後に値が付くって言うようにしたの。ほほほ」

と笑いながら、好きなようにやらせてくれる旦那さんに感謝していた。

 

そして、3つめは皆さんお互いに「続けようね」「そうよ続けなきゃよ~」と励ましあっていたこと。

「このグループ展は20周年なのよ。最近では、体のどこが痛いだの悪いだの、あとは、あの人は死んだとかまだ生きているとか、そんな話ばっかりだけどね。描き続けなきゃね~」

 

人生のいろんな出来事を経ても、なおやり続けられるのは、仲間や家族がいるからこそだなと。まだ28歳だけど、今すでにそんな幸せな環境にいることを再認識。

 

それにしても、3人とも50代といっても不思議じゃないくらい若かった!

ありがとうございました!

 

========

まだまだ、私は始まったばかり!

11/30金夜@南青山

360°没入シアター「今夜、霧の中を」

本日10/15時点《残7席》予約こちらからお早目に!