Home

3つのわたし

ぶっ飛んだ発想だと驚かれ、いつのまにかそれを実現している行動力にも驚かれ、

とにかく、周りをびっくりさせることが多いようです。

でも、わたしはいたって真面目に、けろっと日常。

つくる人

日常のすべての出来事や、感情には意味があると思っている。どうしてそれは起きたんだろう?どうしてそんな風に感じたんだろう?そうやって、いつもいつも振り返りながら、ひとつひとつ掴んでいきたい。そういう過程が、作品になっていく。

おどる人

楽しいとき、うれしいとき、悲しいとき、いつだって踊っていい。舞台でも、道ばたでも、家でも、どこでも踊っていい。観客のため、仲間のため、自分のため、それからだれのためでなくても、踊っていい。言葉より先に、踊りはあって、そのあとで、言葉にしてく。

かわる人

ひとところに留まらない、留まれない。違和感と疑問がわくと、同時にアイデアもわく。その通りに動いていると、いつのまにか、思ってもいなかったところにいる。

 

そんなことで、つくらずには、おどらずには、かわらずにはいられない。

おばあちゃんになってもそういう日常を過ごすのが夢。

この夢は、昨日も今日も叶えた。きっと明日も叶えている。

いっしょに、なにか、やってみない?